【WordPress移行】WinSCP_書き込み権限を設定する


この記事でやること

WinSCPでファイルを配置できるように権限を設定します。

特定のグループに所属しているユーザーがファイルをアップロードし、書き込みできるよう設定を行います。

 

この記事を書くに至った経緯

ロリポップのレンタルサーバーを使ってブログを書いていたのですが、

GCPの無料枠が魅力的だったので、WordPress環境を移行しようと思いました。

実施した内容は以下の通りです

1.インスタンスの作成(GCP)
2.スナップショットの設定
3.予算とアラートの設定
4.WordPressのバックアップ/インポート
5.ドメイン設定
6.リンク修正
7.SSL対応
8.SFTP接続設定
9.WinSCPで上書きできる権限を付ける ←いまここ

 

設定手順

事前に、どのユーザーが、何のグループに属しているか確認します。

 

以降の例では「stpost-wordpress」グループに属している「stpost-user」ユーザーが書き込みできるような権限を付けるための手順です。

変更前のパーミッション情報は以下の通り。

所有者とグループは「www-data」になっていて、グループに書き込み権限はありません。

 

「stpost-wordpress」グループの作成

 

「stpost-wordpress」グループに「stpost-user」ユーザーを追加する

 

「stpost-wordpress」グループに所属するユーザーを確認する

 

habakiri-childディレクトリ内のすべてのファイルおよびディレクトリのグループを「stpost-wordpress」に変更する

 

グループの設定が完了しました

 

引き続き、「habakiri-child」ディレクトリのパーミッションを変更します(g+w:グループに書き込み権限追加)

 

ディレクトリにファイルを配置できるようになったかと思います。

 

最後に、参考にさせていただいたサイトを紹介します。

Linuxの権限確認と変更(超初心者向け)

パーミッション早見表

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL