【WordPress移行】WordPressのバックアップ/インポート


この記事でやること

WordPressを移行するための手順を記載致します。

移行方法は、色々あるようですが「投稿・プラグイン・各種設定」などを、

まとめて簡単に移行できる「All-in-One WP Migration」というプラグインを使用することにしました。

 

 

この記事を書くに至った経緯

ロリポップのレンタルサーバーを使ってブログを書いていたのですが、

GCPの無料枠が魅力的だったので、WordPress環境を移行しようと思いました。

実施した内容は以下の通りです

1.インスタンスの作成(GCP)
2.スナップショットの設定
3.予算とアラートの設定
4.WordPressのバックアップ/インポート ←いまここ
5.ドメイン設定
6.リンク修正
7.SSL対応
8.SFTP接続設定
9.WinSCPで上書きできる権限を付ける

 

WordPressのバックアップ

まずは、移行元のWordPress環境をバックアップします。

プラグインより「All-in-One WP Migration」をインストールして、有効化します。

 

サイドバーより「All-in-One WP Migration」を選択し、エクスポート先を選択します。

※無料でインポートする際のファイル上限は512MBです。59ドルのUnlimited Extensionを購入することで、大きいサイズのファイルもインポート出来るようです。

※エクスポートする際のファイルサイズを小さくするために、こちらのサイトを参考に「Compress JPEG & PNG images」というプラグインを用いて、画像を圧縮しました^^ (かなり効果があった!)

※移行後環境のテキストをhttpsにしたかったので、置換を設定しました。

・上部:置換前

・下部:置換後

 

 

WordPressのインポート

移行先のWordPress環境で、

サイドバーより「All-in-One WP Migration」を選択して、上記でダウンロードしたエクスポートファイルをアップロードします。

「データベース、メディア、プラグイン、テーマを含むWebサイトを上書きします。」という注意書きが表示されますので、開始を押下。

 

インポートが出来たら、結果を確認するように促されます。(一応見ておきます。)

1.パーマリンク構造

2.プラグイン

 

移行後の環境を確認すると、トップページが表示出来るかと思います。

 

Not Found!

何故か投稿が表示できない!

 

色々調べたところ、パーマリンクの設定がうまくいっていないようです。(サーバーがUbuntuだと発生するのかな? インポートした際にパーマリンクの確認を促されたのは、このためか。。)

apacheの設定ファイルを確認するために、Google Cloud Platform(GCP)より、SSH接続します。

参考:WordPress Migration: Getting 404 Errors: Only Home Page works

 

「/etc/apache2/apache2.conf」を確認すると、

「Directory /var/www/」の設定が「AllowOverride None」になっている。(これが原因)

 

「AllowOverride All」に変更して保存。

 

サーバーを再起動

$ sudo service apache2 restart

 

起動確認

$ sudo service apache2 status

 

これで、トップページ以外の、投稿画面も表示できるかと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

次回は「ドメイン設定」について書きます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL