【WordPress移行】WinSCPのSFTP接続設定


この記事でやること

Google Cloud Platform(GCP)で作成したインスタンスに対して、WinSCPでSFTP接続するための設定を行います。

 

この記事を書くに至った経緯

ロリポップのレンタルサーバーを使ってブログを書いていたのですが、

GCPの無料枠が魅力的だったので、WordPress環境を移行しようと思いました。

実施した内容は以下の通りです

1.インスタンスの作成(GCP)
2.スナップショットの設定
3.予算とアラートの設定
4.WordPressのバックアップ/インポート
5.ドメイン設定
6.リンク修正
7.SSL対応
8.SFTP接続設定 ←いまここ
9.WinSCPで上書きできる権限を付ける

 

事前作業

事前にSFTP接続するためのツール「WinSCP」をダウンロードしてインストールしてください。

 

鍵の作成

PuTTY」を用いて鍵の作成を行います。

WinSCPに同梱されていますのでWinSCPをインストールしたディレクトリを確認し、「puttygen.exe」を起動してください。

例:C:\Program Files (x86)\WinSCP\PuTTY\puttygen.exe

 

Generateボタンを押して、マウスをランダムに動かす

 

①コメントを設定する ※コメント欄はログイン時の「ユーザ名」になります。

②SSH認証鍵です。任意の名前でテキストファイルに保存してください。

③公開鍵です。今回は使用しませんが、任意の名前でテキストファイルに保存しておきましょう。

④秘密鍵です。任意の名前でテキストファイルに保存してください。

 

GCPにSSH認証鍵を登録

「Compute Engin > VM インスタンス」を選択

 

SFTP接続する対象のインスタンスを選択

 

編集

 

SSHキーの設定を表示して、編集

 

上記「②SSH認証鍵」で作成した内容を貼り付けて、VMインスタンスの設定を保存。

 

 

WinSCPでGCPに接続

上記「①コメントを設定する」で設定した名前を「ユーザ名」に入力し、設定を押下

 

「SSH > 認証 > 秘密鍵」に上記「④秘密鍵」で作成したファイルを設定し「OK」を押下。

設定出来たら「ログイン」を押下。

 

接続の際、初回の場合は以下のようなメッセージが表示されますが「はい」を押下してホストを信頼してください。

 

以上で、接続できたかと思います。

 

次回はサーバー上にあるファイルを上書きなどするための設定「WinSCPで上書きできる権限を付ける」について説明します。

最後までお読みいただきありがとうございます^^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL