淀川花火大会 レフトスタンド1からの眺め


パノラマスタンド レフトスタンド1について

淀川花火大会の有料席ではパノラマスタンドが一番人気みたいです。

中でもレフトスタンド1は花火をど真ん中から見ることができて、傾斜になっているので前に座っている人が邪魔になることもないので、チケットが真っ先に売り切れるようです。

料金が安く、大人3500円、子供2000円というのも人気の理由です。(2017/08/06時点)

屋台は、夏ぴあSシート右のあたりにあるので少し遠いのが難点です。(徒歩5~10分程度の距離)

 



 

人の多さは?

パノラマスタンドでは座布団1枚分くらいの大きさのシートをもらうことができます。

開場直後は席を確保しやすいですが、17:30ごろにはかなり人が多くなります。

エリア内は基本的に傾斜になっているのですが、最上部2mくらいは平坦なので楽に座ることができ、囲いもあるので日よけにもなります。

時間帯が遅くなると、交通規制も多くなるので開場直後(2017年の場合:16:00)には会場入りしたほうがいいです。

 

私は15:50に十三駅について、レフトスタンド1に直行したのですが

それでも上部から5列目くらい(傾斜)まで人が埋まっていました。

 

17:20の様子

ほぼ埋まってます。途中係員の人がまだまだ人が来るので1歩ずつ奥に詰めて下さいと言ってくれるので多少上に登れたりします。



どんな感じで花火が見えるか

こんな感じです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持っておくと良いもの

・雨具(折り畳み傘、カッパ)

⇒ 傘は日よけにもなります。有料席内では使用が禁止されているので雨対策でカッパもあると良いでしょう

・魔法瓶系の水筒

⇒ 暑いので。。氷があると最高

・軽食、お菓子など

⇒ 屋台は遠いので、開場~打ち上げまでは時間があるので

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL