apacheを自動で再起動させる


この記事でやること

apacheを自動で再起動させるためのシェルスクリプトを作成します。

Linuxで何かを定期実行するための参考にもなると思います。

環境はLinux「Debian 8.10」です。

この記事を書くに至った経緯

GCPの無料枠でwebサーバーを作っていた際に、たまにapacheが落ちて接続ができなくなることがまれにあったので、自動で再起動するようにしました。

シェルスクリプト作成

①任意の場所にシェルスクリプトを作成します。

※「stpost.net」の箇所は対象のURLに変更してください

補足:「curl -LI stpost.net -o /dev/null -w ‘%{http_code}\n’ -s」でステータスコードを取得し、後続処理のif文で200(OK)でなければapacheの停止と開始コマンドを実行する内容になっています。

 

②実行権限の付与

①で作成したファイルに実行権限を付与します

 

③定期実行の登録

cronを使って、①で作成したプログラムを1分ごとに定期実行させます。

cronとはWindowsで言うとタスクスケジューラのようなものです。

cronに関する説明はこちらのサイトの説明が分かりやすかったです。

cronの設定 – プログラムを指定した時間に定期的に自動的に実行する方法

 

設定は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL