【Pixel4】NFC(おサイフケータイ)が反応しなくなった時の対処法


この記事について

NFC(おサイフケータイ)が反応しなくなった時の対処法について、

調べた結果のまとめと、解消した方法を紹介します。

 

QUICPayやSuicaが使えず、無線充電も反応が悪くなりましたが、

対処することで使えるようになりました。

 

調べた結果のまとめ

1 Pixel Phone ヘルプ セキュリティシステムアップデート
2 Pixel Phone ヘルプ セーフモードで起動
3 Pixel Phone ヘルプ(私はこれが原因でした) バッテリー膨張
4 Pixel Phone ヘルプ NFC(近距離無線通信)をオンにする

 

私はこれで解消しました

「バッテリー膨張」が原因でした。

側面が1mm程度浮いていて、以下のサイトを参考に自力でバッテリーを交換しました。

Google Pixel 4 バッテリーの交換 – iFixit リペアガイド

 

ポイントについて補足します。

手順1

私はヘアドライヤーで温めました。

私の場合は10秒程度で、十分粘着が弱まりました。

※「ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートでも対応できますが、デバイスのオーバーヒートにご注意ください。デバイスと内蔵バッテリーは熱に対してデリケートです。」という注意書きもあるので注意が必要です。

 

手順2

吸盤は使わずに、手順3の通りピックを使って引きはがしました。

 

手順13

説明通り、T3トルクスのドライバーが必要です。

私は以下のものを買いました。

 

手順15

先端が細いピンセットのようなものを持っていたので、そちらで対応しました。

先端がかなり細いものでないと、難しいです。

 

手順21

「この作業には、かなりの力が必要です。」とありますが、本当に力が必要でした。

強力な接着剤で本体にくっついているので、力加減に気を付けて対応が必要です。

最後はピックを挟み込みながら力ずくで剝がしました。

よって、バッテリーを包んでいるフィルムが伸びるので後にはひけません。。

 

バッテリーを外した後は、逆の手順で新しいバッテリーを取り付けるだけです。

バッテリーをくっつける接着剤は「B-7000」というものを使いました。

2週間様子を見ていますが今のところ問題なしです。


ちなみに私のスマホについていたバッテリーは「G020I-B」というものでした。

↓↓↓

 

新しいバッテリーはAmazonで買いましたが、商品ページが削除されてしまってリンクを張れませんでした。

互換用バッテリーなどが売りに出されていますが、

出火などしないか少々心配です。。

今のところ大丈夫ですが、あくまで自己責任で。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL