【GCP】スナップショットスケジュールの設定手順


この記事でやること

Google Compute Engineでスナップショットスケジュールを設定するための手順を紹介します。

設定することで定期的にスナップショット(バックアップ)を取ることができます。

※2019/07/16 時点では、ベータ版の機能となっています。

設定手順

①「Compute Engine > スナップショット > スナップショットスケジュール タブ > スナップショットスケジュールを作成」の順に遷移

②各種設定を行い「作成」を押下
名前:任意
リージョン:バックアップ対象のインスタンスと合わせる
スナップショットの場所:任意(無料枠でやりたい場合はマルチリージョンではなくリージョンを指定した方が良いと思われる)
スケジュール頻度:任意(スナップショット スケジュールは、指定した開始時刻から 1 時間以内に開始されます)
スナップショットの自動削除までの期間:任意(スナップショットを保存する期間)
削除ルール:任意(ディスク自体を削除した後のスナップショットの扱い)

 

③「Compute Engine > ディスク」の順に遷移し、バックアップ対象のインスタンスを選択する

 

④「編集」を押下

 

⑤スナップショットスケジュールにて、②で作成したスケジュールを選択する。

 

⑥「保存」を押下

 

⑦スナップショットスケジュールが設定されていることを確認する

 

以上で設定は完了です。

 

設定したスケジュールが実行されると、以下のようにスナップショットされます。(設定したスナップショットスケジュールの時刻はGMTなので、日本時間では+9時間になります)
日本向けのWEBサイトの場合は、19時くらいで設定したほうがいいかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂きありがとうござました^^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL