ホスト名ごとに処理を分岐するバッチファイル


この記事でやること

「テスト環境と本番環境」等々、環境ごとにバッチの処理を分けたいときのバッチを紹介します。

ホストごとに処理を分岐させたい時のメモですφ(ー` )メモメモ

 

早速サンプル

strHostという変数にコンピュータ名(ホスト名)を代入しています。

ホスト名が「HOST1」の場合は「its HOST1」を表示、

ホスト名が「HOST2」の場合は「its HOST2」を表示、

それ以外の場合は「its not HOST1 nor HOST2」を表示します。

確認しやすいようにpauseで止めています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL