SQLで検索した結果を元に繰り返し処理を行う


この記事でやること

SQL Serverで検索した結果の情報を元に繰り返し処理を行う際のSQLをメモφ(ー` )メモメモ

Transact-SQL (T-SQL)を使うことで繰り返し処理を行うことができます。

 

例:CUSTOMERSテーブルの顧客名に「二」という字が入っている人の情報をTESTテーブルに書き込みます。

CUSTOMERSテーブル

ID 顧客名 フリガナ 郵便番号
A001 鈴木一郎 スズキイチロウ 5330011
A002 鈴木二郎 スズキジロウ 5330012
A003 鈴木三郎 スズキサブロウ 5330013
B001 田中一郎 タナカイチロウ 5340011
B002 田中二郎 タナカジロウ 5340012
B003 田中三郎 タナカサブロウ 5340013

↓ ↓ ↓

TESTテーブル

顧客名 フリガナ
鈴木二郎 スズキジロウ
田中二郎 タナカジロウ

 

「レコードの追加」と書いてある箇所が、繰り返し処理の内容になります。

「次のレコード」と書いてある処理で、SELECTしていたデータのカーソルを次行にしています。(for文でいうインクリメントみたいな感じ)

 

繰り返し処理をネストさせて処理させたい場合や、テーブル同士を結合した上で繰り返し処理したい時にとても便利です!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL