IFTTTを設定しなくてもNature RemoとGoogleHomeが連携できた話


この記事を書くに至った経緯

Nature Remo (2nd Generation)を購入しまして、

GoogleHomeと連携させるためにはIFTTTが必要かと思っていたのですが、

プリセットが存在した機器の場合は、IFTTTの設定を行わなくても声で機器を操作できたので、GoogleHomeアプリの設定手順を紹介します。

 

GoogleHomeと連携させるための手順

※事前にNature Remoアプリに赤外線で操作する機器を登録しておく必要があります。

 

①GoogleHomeアプリより「追加」を押下

 

②「デバイスのセットアップ」を押下

 

③「すでにセットアップされているデバイス」を押下

 

④remoで検索して「Nature Remo」を選択します

 

⑤「許可する」を押下

 

⑥Nature Remoアプリに登録している機器が表示されますので、すべて選択して「部屋に追加」を押下

 

⑦GoogleHomeを置いている場所を選択します

 

⑧追加できました!

 

以上で、設定完了です。

プリセットが存在した機器の場合は、声で色々操作できるようになります。

 

我が家の場合はエアコンはプリセットが存在したので「OK Google エアコンの温度を〇度にして」等といった形で操作することができるようになりました。

テレビはプリセットが存在しなかったので、声でチャンネルを操作したりはできませんでした。(自分で一つ一つNature Remoに赤外線を登録する必要がある機器の場合は、IFTTT等でGoogleHomeとNature Remoを紐づける作業が必要そうです)

でも何故か、テレビのオン、オフはできました。(Chromecast差してるからか?)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL